スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABEXそのあと

色々戯言でインプレッション書きましたが、あの後いろいろいじってみました。以下主なカードの紹介

1:お色気担当?ユイ
なんだかんだで3500アタッカー。クライマックスめくった日はヴァイスやる日じゃなかったとあきらめる。
まぁめくってしまったときのデメリットをいかすようにこの子から殴るようにしてあげて、もしめくってリバースしたら葛藤ゆりで
パンプできる と考えるのが吉かと。

2:神の使い 天使
強い それだけである。
CXやら歌をめくった場合は素直にアンコ付与してあげましょう。ミラー対戦の場合はラインが一緒なので相手と相打ちする感じで。
後ろを葛藤ゆり×2にするか、アンコ付与いれるかで返しのパワーが決まってくるけど8000持ってるから超えるのは相手苦労するだろうから満足じゃなかろうか。
歌使えばLv2はおろかLv3まで見えるので怖い。ただどこまでいってもLv1のキャラだしソウルは1なのでどこかで無理せず見限ることも必要かと。

3:鼓動の記憶 音無
神の使い 天使の絆。コストかかる回収。ちょっとコストがなー いかんせんLv0キャラの寿命が短いからあまりたくさんは使えないかと。それでもまぁ2枚は入れても問題ないのでは。これがクロック絆だったら世界崩壊してた。
一応パワー低いのを利用して葛藤ゆりでパンプさせるトリガーにもなる。葛藤ゆりを2体おいて2000にして憧れ黒子と相打ちも取れる。

4:対立の終わり かなで
デッキクラッシャー。出したターンだけならアタッカーもできる。
オペレーショントルネードと違い複数回山札を削れるので事故回避もでき、めくったら2000パンプなのでそのターンの盤面もとれて個人的には優秀か。
盤面とれてハンドが減りにくくなればオペトルよりはこっちのほうがいい気がする。オペトルはハンド増えないしね。

5:解けた葛藤ゆり
文句なしに強い。今のABには4投ふつうではないだろうか
弱い部分がほぼない。1500というサイズも相打ちとタメはれるし優秀。
ただアンコ付与の天使と後列の場所とりで喧嘩する。適当なタイミングで天使と交代するなどいろんな選択肢あり

6:別れの言葉 かなで
実は弱かったかもしれない1枚。
もともとライフが短いABのライフを延命しても正直意味ない気がする。
攻めに持ってくカードが多いプールなのでバランスをとるよりは攻めに強いカードを詰めたほうがいい気がする
優秀な後列(レベル応援とか)がいれば話は変わったかもしれないが…

7;神を許せないゆり
CXシナジーで回収できる。アンコ付与した状態で維持すればおいしいか
本人のサイズが8000と1/1天使とあまり変わらない状況。対応CXがソウル+2なので解決力は高いが
個人的には好きではない1枚。盤面制圧と打点とるのが強みなのにLv2のカードで盤面ゆずりにいくようなイメージがする
ただハンドは増えてLv3ゆりっぺのバーンがしやすくなるのもまた事実。どちらが有利かをとるのは君次第

こんなところか。現状は攻めのデッキを作ってます。
結果が出せればレシピを晒して意見を求めていこうかと思いますがまだ結果も糞もないので
勉強中です。WGPまでに形になるといいのだが
スポンサーサイト

リンク追加のお知らせ

遅れましたがリンクを3件ほど追加しました。簡単な説明を。

とんかつのヴァイスシュヴァルツな日々
北海道にてユーザージャッジ(Lv2)をされてた方、とんかつさんのブログです。
現在は私用の関係上半年ほど更新不定期とか。
全国大会出場経験ありと経験豊富な方です。是非みにいってはいかがでしょうか(リンクは右下にあります)

曲物語 白黒
最近よく地区大会やネットでご意見をもらえるmeさんのブログです。
今日のカード1枚1枚についてきちんとした考察などを行っている方です。是非参考にされてはいかがでしょうか
最近はいろいろ多忙のようですが自分のペースで頑張っていってほしいです。(リンクは右下にあります)

サイド1確っ!
北海道にて活動していらっしゃる全国大会経験者のOn the riceさんのブログです。
きちんと考えられたデッキレシピやコラムを掲載されていて非常にためになります。
「ルールわかったけどどう組んだら強いのかわからない」と思った方、是非覗いてみてはいかがでしょうか(リンクは右下にあります)

以上3件を追加いたしました。今後もよろしくお願いいたします。

ABEX追加後のABプランニング

※このデッキコンセプトは妄想です。過度な期待はしないでください。

1:攻めのデッキ
1/1かなでが入ったり葛藤ゆりで特徴パンプが入ったことからLv1で盤面を制圧しつつ
Lv2も盤面をとっていこうとするデッキコンセプト。アタッカーは

Lv1:7500の天使 マウントポジションなど
Lv2:2/2音無 佇むかなで など。
Lv3:ユイ ゆりなど。
基本後戻りはなし。ひたすらに攻めを狙う。浅はかなりやオペレーショントルネードなどで山札の中のCXの割合を極力高くして
キャンセルしてもらう感じ

2:攻守マイルドにしたデッキ
2/1のチェンジができるかなでが入ったため,Lv3の早出しを考えつつも攻めっけを残した感じ。
順当に組んだらこの形になるのではないだろうか。
ハンド消費を抑える、事故を極力防ぐという意味で1/1天使は諦め,素直にバニラを使う
主なアタッカーは
lv1:1/1バニラ マウントポジションなど。
Lv2:2/1チェンジかなで 2/2佇むかなで などなど。
Lv3:かなで ゆり
バウンスシナジー使ってもよし。扉とキャントリップにしてもよし。アイマス2も入るのでライン考えながら
CXを選んだらいいのではないだろうか

3:守備。Lv2で耐久するデッキ
2/1かなでのチェンジコストのストックが軽いことを利用し、ひたすらLv3かなでを出して回復し続けようというデッキ。
2/1かなでは思い出にいってしまうが2/1音無で無理やり連れ戻してもう一回チェンジするイメージ。
Lv3かなでを控室に落とすのは相手に無理してもらって落としてもらう。
耐久することから山札を減らすためのオペレーショントルネードや1/0集中かなでを使うイメージ。
主なアタッカーは
Lv1:マウントポジション 1/0集中かなでなど.
Lv2:チェンジかなで 2/1音無など
Lv3:かなで ゆい ユイ
20分前自転車に乗りながら思いついた妄想なので全然イメージがわいてない。用検証

4:ネタ?思い出ビートダウン
ABEXで思い出に飛ばせるカードが増えたためそこを利用する。
また思い出が増えることからKWから青の猛勉強、氷室だけを連れてきて回復も狙いに行く。
主なアタッカーは
Lv0:猛勉強,岩沢など
Lv1:岩沢&ひさ子 ギターパフォーマー 2ndボーカリストユイ いつでも元気ユイなど
Lv2:マラドーナなど。
Lv3:氷室 ユイなど。
5分前洗濯物の確認してたら思いついた妄想なので全然イメージが(ry

とまぁ走り書き。コミケなどで既に手に入れてデッキを組んだ人がある人や、もうデッキ組んでこんな感じになったよ!
ていう方がいらしたら是非コメントを。

アドバンテージについて

ヴァイスシュヴァルツに限らず,アドバンテージ,つまりは相手に有利である と簡単に言葉を使うが
実際どのようなものがアドバンテージとしてとれるのかがよくわからない
(現に昔の俺は「わーいとつげきー」「わーいかったー」「くそーまけたー」というのが多かった。ゆえに黄緑とか作ってた

ヴァイスシュヴァルツにおいては次の3つの要素が挙げられるのではないか

1:盤面
字のごとくフィールド、ヴァイスの用語でいうと舞台か。出したキャラがどれだけ盤面に居残れるのか、または相手のキャラを
倒せるかというところで利がとれるかどうかである。前者の例としては「方向音痴 あずさ」や「お姉さまへの憧れ 黒子」が有名か。後者の例としては「常盤台のお嬢様 黒子」、昔だと「凸凹コンビ 涼&夢子」とかが有名か。
盤面をとる方法としてはこのほかに除去、バウンスなどがあげられる。それぞれ赤、黄色の特色でもある
このアドバンテージをとると舞台に使うハンド枚数を節約することができ、ハンド枚数が増える。また,相手に攻撃する階数も増えるので必然的にダメージもとることができる

2:ハンド
手札の枚数も重要なアドバンテージである。プレイヤーに一番ダイレクトに影響してくる要素の1つである。
MtGやGW,DMのような土地ゲーではないため他のゲームと比べると特に感じるであろう
盤面をとるにも手札からキャラを出したり、最近ではハンドをそのままライフをとりにいくことにも使える。
このハンドを増やすにはまずはクロックフェイズでの2ドローが一番新鮮だろう。他にはキャラが持つCXシナジーによる
サーチ能力や控室回収。また山札や控室から直接キャラを登場させる行為(例:「"SSS" ゆり」「姐御肌 唯湖」など)もハンドを節約し、結果的にハンドが増える行為になる。
ネオスタンダード環境ではハンドを増やすよりかはハンドを節約する方向性に向かっており、そのために盤面のアドバンテージをとることでこのハンドを増やすのがよくとられる。2011年夏、とある赤緑のデッキが増えたのも、「常盤台のお嬢様 黒子」&「常盤台のお嬢様 美琴」のコンビがこの両方のアドバンテージを握りやすいあたりからであろう。

3:ライフ
ヴァイスシュヴァルツの敗北条件(勝利条件)は相手のレベルを4になること(にすること)である。よってライフという表現にするなら、このゲームは28点のダメージが入ったら負け というゲームである。
このライフのアドバンテージをとるには純粋にアタック回数を増やすことがもっとも簡単な方法である。またキャラが与える打点部分、ソウルを上げることもこれまたよくとられる方法である。
最近ではキャラが攻撃するわけではなく、何らかの効果で直接ダメージを与える「バーン」や、通常のアタック回数3回から4,5回攻撃を行うギミックが増えてきて,このようなアプローチをとるデッキも増えてきた。
(例として去年の冬全国一位のデッキはなのは赤緑。「揺るぎない意思 なのは」や「AOA なのは」などのバーンが光るデッキ。)
逆に,クロックにあるカードをひたすらに取り除く、つまりは回復するというのもハンド節約と似たような感覚で延命することができる。ただしこちらはクロックにある分でしか回復できないため、上限が必然的に決まっている。回復を主軸にするなら必然的に3/0をひたすら目指すデッキになるだろう(例:3色エリーなど)

GWやMtG,遊戯王などではこの自分の命が明確な数値として存在するのに対し、ヴァイスはそれにさらに+αの部分が存在する。そうみんな大好き圧縮である。これがなかなかにキワモノである。
圧縮はハンドや盤面から影響もし、控室にあるCXの枚数からも存在する。これらの複雑な要素が絡み合って初めて圧縮できてるかどうかが決まる。他のゲームにはない、難しい要素の1つである。

基本この3つのアドバンテージをどうとっていくかがカギとなってくる。しかしやっかいなことにこれらは独立してるのではなく、たがいに影響しあっており、そのバランスは常に上下していく。このバランスを見ながら自分はどうやったら戦えるのかを把握するのが、上達するための第一歩ではないだろうか



と。鏡の前で呟いてみる。

[大会]札幌地区決勝(過去)

注:この大会は2011年ブシロードカードフェスタ(2011年夏期)の大会であり最近行われたものではありません。詳しくは
下記にあるヘッダ部分をご覧ください


日時:6月25日
場所:札幌サッポロファクトリールーム
内容:札幌地区ネオスタンダード
使用デッキ:赤緑とある(横浜使用時の1つ前のバージョン)

1回戦(とある) ×
序盤はボード取り合いには成功したがいかんせんLv1を引かない。
とあるは基本ボードとってストックとハンドを貯める作業なのでボードはなるべくとりたい。
ということで超電磁砲美琴で集中2回。相手の1/0を2体焼くことは成功。

ここでプレミ。2回焼いた→CX2枚ない。 2回集中したので2/8なくなったことになる。
つまり山札が弱くなってる、キャンセルしづらい状況にあるということ。
本来は「盤面とってプレイヤーが死ぬ」ということを避けるように、ぎりぎりまで山札を減らすのが
セオリーなのだが、集中にコスト裂きたくなかったというのと、どうにかなるだろ、と甘い読みをしたのがだめだったね。
相手をLv2にさせるていうことも頭から抜け落ちてて相手そのまま屋根下チェンジで盤面制圧
そこからのCXはりで3-3-3(+1)を形成。7点打点差あったのに、7点通って追いつかれる。
こうくるともう後はお互いの勝負を決めるのはハンドの枚数(バーンの回数)と、山札のでき。
ハンドはこっちだが、山札で負け。てことで最後息切れして、3/6の山札1.殴ってリフレの死亡

考えが弱いなぁと思い、猛省。初手セッツーでCX2枚引きの3枚スタートだったけど、まぁ仕方ないね


2回戦(とある) ○
ちょっと相手が何やりたかったのかが不明。
Lv1黒子を無防備に2枚展開したので、キャントリップで綺麗に抜いて落とす
そのあと、先輩と後輩、木山、パジャマときたので「やべ」と思ったらチェンジなし。(2コス残ってたのに…

なんかようわからんまま殴ってたら相手しんでしもうた。屋根下すらでてこなかった。なんだこれ

3回戦(リトバス。とんかつ君)○
まさかの身内。内容は8バウンスコマリン。
バウンスとしってたのでパジャマチェンジなしで戦おうと思ったのだが、いかんせんハンドが厳しい。
勝ち気からのレールガンを考えていて(メインアタッカーがLv2のおめかしなので)レールガンを握っていたが、CX引きすぎで3枚抱える。

リフレを考えたら残りもらえるターンは2ターンぐらいしかないと思い、勝ち気も引けてなかった(まぁピンだし。能力とちから持ってたけど1/0美琴ひかないし)ので諦めて盤面とるのにレールガン使用
結局これが生きてそのあとまた引いたCX合わせて4枚のうち3枚をデッキに戻せる。つまりは結局チェンジしたんですけどね…
まぁそのツケが回ってきて、鈴&理樹のCXシナジーで屋根下バウンス。木山も狩られるけどアンコでいいやーと構えていたらバウンスめくれてカエル戻される。
こうなるとハンドにあるもう一枚の木山は出せないかなぁと諦め、コマリンをつぶすためにもう一回パジャマチェンジ。
と思ったが、相手の控室に幸せスパイラルが見えてないあたり、助太刀持ってると踏み、コマリンにはアタックせず。(結局持ってました。唯葉瑠でしたが)
リフレ後からのキャンセルが↑の通り戻しておいたおかげで強かったので相手のソースの削り勝負にかかり、とうとう相手息切れ。結局バウンスなどでパジャマが3回もチェンジしたけど、リソース勝負で最後屋根下でエンド。
・・・しかし身内と当たりすぎなんですけど。しかも人が多い時に。

4回戦(なのは)×
フェイトを軸にして、ヴィータや魔法訓練などで最後刻むデッキ。
まぁハンド増えにくいデッキだから盤面~てことで積極的にとりにいく。
最後相手がCX管理を間違えて山札が4/35という超弱い構成で3/0になった。
こっちが2/5なので「雷光きたらあぶねーから決めにいこう」ということでクロック絆使って3/0にして屋根下へ。ここで自分でライフ2縮めたのが敗因だったな…そもそも9点通すことが難しいし、相手ストック3だから雷光1体しか出せないあたり、普通にもう1ターンくることを考えてもよかったね…
屋根下出して3-3-3作ったら2キャンされて相手3/4でとまり、相手、魔法訓練1点と、CXはっての2-2-2を作成。全部通って終了。こっちの山札は4/16だから7は通らんでしょーと思ったらkonozamaである。


以上が札幌地区決勝。うん、プレミで負けてるね…
横浜でそこら辺が修正されてることを祈る

あ。最後に

エキストラ(シャナ ルルーシュさん)○
最後に魔人ことルルーシュさんと1戦お願いしてもらった。
途中CX吐くのを忘れて超キョドってしまったが、キャンセルが強かったのと、相手が3/0から
7点通ってしまい勝ち。正直負け試合。山札超弱かったし…(1/8)
プロフィール

未完成型蜜柑砲

Author:未完成型蜜柑砲
関東圏内でどこかでWS(ヴァイスシュヴァルツ)をプレイしている人のあと語り

過去の履歴は消し飛んだ!もういない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。