スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

Footmark~あしあと~ にようこそおいでくださいました.
このブログは管理人のヴァイスシュヴァルツの戦績や考察を書いていくページでございます.
何か御用名がありましたら,コメントなどでお伝えいただければ対応いたしますので
よろしくお願いいたします.

twitter
@TM4000です.
フォローは定期的に返しをする予定なのでよろしければお願いします.

スポンサーサイト

第三回オトナ杯結果

第3回オトナ杯に参加させていただいたので
数億年ぶりにレポートでも。

持って行ったデッキ:物語
コンセプトについてはにわか語りになるので略

一回戦:青赤黄GF プレイヤー:あるべさん ○ (先攻)
Lv1の攻防でのラインで500抜きがうまく刺さりボード完全制覇とまではいかないけど
ほぼほぼ有利のまま最後まで。ただ、打点レースについては
2週目においてピタキャンが多かったので右手に助かった感じは否めない。

二回戦:赤黄シャーロット プレイヤー:デスカッターさん ○ (先攻)
相手の引きの悪さとキャンセル運に助けられた、というのが正直な感想。辛勝でした。
山を最初に作れたこと(それが功を奏したのか2週目でのキャンセルが光る結果に)
後列引けたかどうかの違いだったのかな、と思います。

三回戦:青赤デレマス プレイヤー:かんたさん ○ (先攻)
デレマスを勉強していなかった、というか、新田とアナスタシアしか知らないという体たらくでした()
Lv1暁(ひたぎ)で見た四枚が「4枚全部CX」で「ぬとねの中間の発音をするような顔」でした。
ただ山崩しだけはちゃんと行えたのでリカバーが聞いて最後までもってく。

四回戦:赤緑青ぷよ プレイヤー:れーあさん × (後攻)
ぷよを使ったことはあるけど対戦したことはほぼなし。特にレムレスとは初でした。(使ってはいたけど)
レムレス対応から逃げてはいたけど、1回踏ませる結果になり、動きやすくしてしまったのが敗因。
最後まで先攻と後攻ひっくりかえせず、最後はLv3りんごの連パンでKO.ストックをちょうどきれいに使われました。
Lv0の動きを固定化させていたため「Lv1のボードを作ればレムレスは怖くない」ことを失念してましたorz

五回戦:青赤t黄デレマス プレイヤー:しあさん × (後攻)
デレマスにストック相打ちがいる」ことを対戦中に知り、真顔になる
中学生のギミックが使えずLv0でのおおやらかしをしてしまいここでほぼゲームセット。
その後逆転を狙うため意図的に中学生を使ったが全部ストック相打ちを合わせられゲームセット
思えば無理に付き合わず、Lv0長くすればよかったんだなぁと反省。次は負けない。

ということで3-2の2位タイ。一応抽選で勝利したため2位という結果でした。

最後に、参加させてくださった運営の皆さまに深い感謝を。
皆さま紳士的で非常に楽しかったです。ぜひ次がありましたら参加させてほしいなぁと思う次第でした。

今年もありがとうございました。

このブログもほこりが被って何も見えない状態でしたが年末は使おうかと。

ということで今年1年もお疲れ様でした。
軽く振り返ると

1月:修論DEATH

2月:発表終わった後の束の間の休息

3月:LASTつくばっく。

4月:新社会人デビュー

5月:ぬるま湯生活なう。
WS:青赤GFを譲り受ける

6月:配属決まっててんてこまい
WS:東京大会ないので触ってなし

7~8月:仕事の1つを任されるようになり、てんてこまい
WS:しろくろフェス参加。トリオは2-2

9,10月:報告書書くのに一苦労であばば。
WS:さくら杯。○○○××で予選落ち。

11月:少し大きいことやることになり、仕事が忙しく。
WS:ほとんど触れず。ただ、大会は出たいなということで遠征してみる。

12月:仕事のピーク。正直大変でした。
WS:東京も他大会と一緒で2-2のごみ。

とまぁWSは散々でした。私生活のほうはなんか忙しかったしかないですねw
色々挑戦ができず、生活するのがやっと、ていう1年だったので
来年は何か結果を出したいですね…てことで某企画をちゃんと進めたいなーと思いました。
資金的には社会人になったおかげで潤沢(とまではいかないけど)にあるのでどうにかしたいっすね。

以上しめくくりでした。来年もよろしく。

闘会議2015参加してきました。

結論:
ひっじょー!に面白かった!
「ゲームが好きな人のための夢のイベント」と題してることのあったイベントだったと思う。
ゲームはゲームでも「アナログゲーム」「デジタルゲーム」両方共に楽しめるようにできてた。
デジタルはスプラトゥーン、スマブラ(大会)に、アナログにはポーカーやラブレター、エセ芸術家等いろんなものができました。

そして何より「いろんなものを楽しめるようなイベント」だったのが非常に大きい。
こういう大型会場を貸し切ってのイベントって会場に対しかなりの多くの人が集まってしまい
どこもかしこも「入場規制」の札がかかり、朝早くから並んだのに1~2個のブースしか遊べないっていうのがざら。
TGS(東京ゲームショー)がいい例で、「早朝3~4時から並んでもやれたゲームは最初もらえた整理券のゲーム1個だけだった」
という始末。正直、楽しんだというよりかは「疲れた」の印象がでかいんですよね
今回はそこをうまくかわしてて「整理券を2回に分けて配布」「ローテーションをうまく回るように配置」「実施内容を誰でも楽しめるように」
等、全員が回りやすくなるようにし、かついろんなものに遊べるように創意工夫がされてました。

あと個人的には開場前のオープニングに感動してしまい泣いてしもうた。ゲームの名言連打と共に「さぁ遊ぼう!」という
メッセージがすごく感じられて感無量でした。

以下:個人的な出来事

ポーカーのミニトーナメント優勝
9人スタート、持ち点2000点スタートのゲーム。
ルールはもともと知ってたけど、一応初心者講習会的な模擬戦2回やってからの参加。
中には元日本チャンピオンや現役選手が遊びで参加しているという恐怖のテーブルでスタートしたんだけど
個人的な「運」と相手の手札がやばそうという「カン」でのらりくらりしたら
なんと優勝。最後が
手札:K-K
場札:Q-Q-Q-J-8
とかでまさかのフルハウス。オールイン対決で「死ねぇ!」と手札をたたきつけて見事ガッツポーズ
最後は健闘をたたえあって終了。ギャラリーを背にしての勝負だったらしい(気づいてなかった)のですげえ気持ちよかった。
ポーカー(テキサスホールデムだけど)の面白さを理解しました。あーまたやりたいなぁ

艦これアーケードロケテ

ロケテ参加してきました。てことで報告をば。入場その他はいらんだろうから省きます。

1:料金体系
GP制。お金を入れてGPを買い、その時間内遊べるという仕様
ちなみに今回はロケテ仕様で100円のみ(途中で1回のみ100円追加可能)。実際は100円―300円―500円
ちなみに
100円:200GP
300円:700GP
500円:1300GP
という感じ
どのクレジット投入でも、艦娘カード(以下カード)を1枚もらえます。
GPは最初の数分間は消費しないがそのあと1秒=1GP消費が始まる。

2:チュートリアル+初期艦娘
1-1を使ってのチュートリアルを最初に行います。
で、ブラウザゲーよろしく最初に初期艦娘を選ぶ感じ。
ラインナップもブラウザと一緒で今回は3Dモデルが動いて紹介。今回はアニメ放送記念ということで吹雪に(うちの鎮守府では電でした)
今回はこれを選んだ後にカードが排出。専用のリーダに読み込ませてタッチパネルで配備という流れ。

3:戦闘システム+海域システム
・海域システム
海域ではまず艦隊を動かし敵を探しつつ進み、相手のボスを探すという流れになる。
操作については筐体中央に設置されてる舵をきって艦隊を操作、右側のスロットを使って速度を決定して操作することになる。
このスロットが結構操作してる感じがよく「ガチャッ!ガチャ!」という音と共に動かす。たまらん
敵、もしくはバケツが表示されるとアナウンスが出て、敵に近づくと警告が鳴り始め、さらに近づくと戦闘になる。
このエンカウントシステムだけど、どうやら船の速度、艦隊の向きで「ある程度」は同航戦、反航戦を操作できるっぽい。
なお俺は条件がわからずいじれなかった。多分実際の艦隊行動と一緒にやればできるのかな?
(実際の進行はうちらが左から進行、相手が右から進行だったので。)

なお、海域を選ぶと、その海域に出撃するために必要なGPを消費させられる。チュートリアルでは1-1をクリアしたら
GPが空になるようになってた。実際どうなのかは不明
更に演出中もGP消費。

・戦闘システム
基本はブラウザゲーと一緒。が、攻撃タイミングを変えられる模様
それぞれの艦娘には発射可能なゲージ量が存在し、戦闘開始からたまり始めるゲージがその量をこすとその艦娘は発砲可能になる。
それよりゲージを貯めると威力があがっていくが、相手から先に攻撃をもらうと威力低下を招く仕様
なお、艦娘A,B,Cといて、その順にゲージ量が決まっていた場合の時にCだけ発射できない状態での発砲はどうなるかは不明(そういう状態にならなかった。全員駆逐艦しか使えなかったので必要ゲージ量がほぼ一緒)
一応雷撃戦をするかしないかは選べるらしいけど、1海域で使える量は限られている模様(残弾数が書いてあった)

昼戦が終わるとそのあと夜戦に突入。特に追加経費はいらない。夜戦も同様のシステム。

なお、相手から攻撃が来た時たまに回避システムが登場する。これは舵を面舵or取り舵にきる選択を迫られ、成功するとノーダメージで済む。
1度戦闘を行うとそこで母港に戻るか進撃かを選べる。なお大破進撃は今回はしなかった()

なお配られた説明書(ラミネ加工されたもの)には伊勢日向の画面がうつっており、そこには偵察機のシステムも載ってた(詳細不明)。偵察機が飛ばせるなら相手の情報を事前に知って戦闘回避とかもできるのかもしれません。

4:ロケテ仕様について
1-1をクリアすると、「レア艦娘ドロップ海域出現」が登場。1回のみ挑戦可能と表記
この時そのレア艦娘エリアの消費GPが50、新しい海域が100だったため、レアのほうが難易度低いやん!と突っ込む

この時のうちの戦力:吹雪(Lv2)、秋月(Lv1)
相手:空母ヲ級(フラ?エリート?HP85)、軽巡ホ級、駆逐イ級

無理や!
開幕爆撃で両者瀕死でどうしようもねぇ状態。あえなく敗北。一応敗北でもカードは支給されます。(暁でしたが)

結局その3体を連れて1-2に挑戦しようとしたがGP足りずだったのでもう一回1-1を遊んでる最中で時間終了。
途中で終了してもカードは1枚もらえる模様

とりあえず全体の流れとしては以上。個人的に思ったことはまた後ほど。
プロフィール

未完成型蜜柑砲

Author:未完成型蜜柑砲
関東圏内でどこかでWS(ヴァイスシュヴァルツ)をプレイしている人のあと語り

過去の履歴は消し飛んだ!もういない!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。